TOPスポンサー広告ジダン頭突きの真相を、語る・・・。

スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP季節日記ジダン頭突きの真相を、語る・・・。

ジダン頭突きの真相を、語る・・・。
カテゴリ:季節日記
あのFIFAの決勝で、「頭突き退場」となった、ジダン選手が、日本時間の今朝3時ごろ、フランスのTVで、心境を、語っていた。

「とても個人的なことで、母と姉を傷つける、非常に耐え難い言葉をかけられた。彼はそれを何度か繰り返した。」
と述べていたけれど。。。
マテラッツィ 選手に、浴びせられた言葉が、何だったのか・・・。
その「具体的な言葉」は、言わなかった。
けれど、自分のやった行為を、後悔していないとも、言っていた。
「もしも、後悔したら、彼の言葉を認めることになるから」と、言っていた。
その言葉に、ジダン選手が、「言葉の暴力」に、耐え難い「屈辱」のようなものを感じたという思いが、こめられているように思えた。

◆詳しく知りたい方は・・・asahi com

もちろん、「暴力」はよくない。
けれど、ついつい、「暴力」を、振るいたくなるほどの、「言葉の暴力」もあることを、私たちは、知っておくべきだと思う。

「挑発」行為は、「スポーツ」を、やっていたら、よくあることだ。
けれど、そこには、「節度」というものを、超える「言葉」もある。
それは、ときには、「人間の尊厳」を傷つけるものだったりする。
そういう、「言葉の暴力」を、スポーツの中に、持ち込まないでほしいものだ。

スポーツは、「肌の色」「人種」「国境」「性別」「年齢」をこえて人々が、楽しめるものであってほしい。
もちろん、それは、「理想論」でしかないかもしれないけど・・・。

せめて、この世界が、どんなに、ギクシャクしていても、スポーツ選手たちには、「国家権力」に左右されず、スポーツに「人種差別」を、持ち込まないで、伸び伸びと、スポーツを、してもらいたいものだ。

そうして、晴れ晴れとした顔で、楽しく、スポーツに打ち込む選手たちの姿を見れば、次世代の子供たちは、「希望」を抱くことができると思う。
スポーツ選手は、未来の子供たちの、「憧れの象徴(シンボル)」であるのだから・・・。
子供の「夢」を、その背中の背番号に、しょっているのだということを、忘れないでほしい。

◆ジダンを、知らない方の為に・・・参考 はてなダイアリー ジダンとは?ジダン選手の今回事件の背景には、ヨーロッパ社会の「移民問題」が、大きく絡んでいるようだ。

FIFAの大会でジダン選手が、「人種差別撤廃に皆さんの手を貸してほしい」と、言ったことを、思い出してほしい。


特に、フランスは、「ピエノワール」という、アルジェリア移民の問題が、根深くあることは、昔から有名だし・・・。

◆注:「ピエノワール」というのは、「フランスの植民地時代のアルジェリア出身者」のことを、フランス人は、こう呼びます。

実際、中学生のころ、このことを、知りたくて、無謀にも、大使館に、手紙を出してしまったことが、あるのだけど・・・。(~_~;)
「フランス大使館」の対応は、日本の中学生の質問に、「フランスの本」を、贈ってくださったにとどまった・・・。
その中には、フランスを、知るべきいろいろな、情報が、掲載されていたけれど、「ピエノワール」については、述べられていなかった。
もう、2昔も前なので、今は、きちんと、そういうことも、「フランス」の本に載っているのかもしれないが・・・。昔は、この「差別」について、本には、載っていなかった。

その後、アルジェリア出身の友達と、しばらくメールのやりとりを、していたのだけど・・・。彼のなにげない、言動から、アルジェリア人が、ヨーロッパで、「人種差別」を受けているということを、知った・・・。

本当に、些細なことでも、彼は、「自分が、アルジェリア人だから、そういうことを言うのか??」と、聞くのだ。
これには、まいったが、それだけ、日常で、彼は、傷つけられているのだと思えた。けれど、彼は、アリジェリア人であることに、本当に、誇りを持っていた。だからこそ、「差別」されることに、反発を覚えていたようだった。


ジダンの話から、ずれてしまったけれど・・・。
彼の行動の背景に、「民族問題」が、絡まっていることは、やっぱり、見落とせないように思える。

英国では、あの発言を、「口の動き」から、「テロリストと売春婦の息子」と、言っているとか、新聞に載っていたようだけど・・・。

→「プッターナ(売春婦)」と「テロリスタ(テロリスト)」
という言葉が、発せられたことを、解析していたようだ。。。汗

◆「テロリスト」というのは、「イスラム教信者=テロリスト」というような、差別用語らしい??

やはり、かなり、ひどい「暴言」だったようだ。

また、ジダンのお母さんが、この日緊急入院していたということもあって、ジダンは、かなり、ナーバスな状態であったようだ。。。

◆もっと、詳しく知りたい方は・・・日刊スポーツ

いろいろと、重なっていたんですね・・・。汗

FIFAは、「調査」に乗り出すようだけど・・・。

ジダン選手のMVPは、剥奪されるということも・・・。汗

◆詳しくは・・・ヤフーニュース

もちろん、マテラッツィ選手のほうにも、「差別用語」を、使って「誹謗した」とすれば、それ相当の処分は、免れないところとなるかも??

◆FIFA規約◆
宗教や出自を含む差別的な言動で中傷すれば最低5試合の出場停止処分を科される。

いずれにしても、フランスは、このところ、各地で、「移民」の二世・三世による、「暴動」が、起きていただけに、きちんとした、FIFAの対応が、期待されるところだろう。


スポンサーサイト

Back | Top Page | Next
Comments

>sapphireさん。

もともとは、どっちもどっちで、「個人的」な「資質」の問題だと思うんですよ。
「言葉の暴力」「行動の暴力」どっちも、よくないです。
どっちも、「謹慎処分」くらいしてもらいたいくらいの行動だと思います。
だって、「ワールドカップ」の最終決戦で、ああいうのって、いただけないですから・・・。
世界中が注目しているのにね。

>マスコミの前で握手のひとつでもしとけば

本当に、さっさと、個人的に解決しておけば、ここまで、大きな問題にならなかったのにね。

ここまでになったら、お互いに、引けないでしょうから、FIFAが、毅然とした態度で、上手くおさめてほしいです。

「スポーツマンシップ」というか、「精神面」を、もっと重視してほしいな。
「勝利」するためなら、「なんでもあり!」という考えだから、こういうことが、起きるんじゃないかなぁ~~。
2006/07/14 12:22  | URL | silver #aF03qbSI[ 編集/削除]

色々憶測は飛んでいますが、まだ本当のところは
明らかにされてないみたいですね。

ジダン選手の行為はサッカー選手としてあるまじき行為で
レッドカードで当然でしたが、暴言は(程度にもよりますが)
人間としてレッドカードものの行為だと思います。
まぁお互い非はある訳ですから、さっさと歩み寄って
マスコミの前で握手のひとつでもしとけば
丸く収まっていたかもと思うのですが…。
既に問題が大きくなりすぎて、もう両者とも
迂闊に発言できなくなっている感じです。

ホント、口は災いの元ですね……。

2006/07/14 01:20  | URL | sapphire #GCA3nAmE[ 編集/削除]

>親メロさん。

>自分の精神の未熟さを考えて心身ともに一流になって欲しいと思いました。

本当にそのとおりです。
「一流」の選手といわれるには、その「品格」を、身に着けて欲しいです。

ジダン選手や、マテラッツィ 選手だけでなく、スポーツでも、学問でも、芸術でも、「名前」を、残すほどの人になったら、その「自覚」を、持ってもらいたいものです。

そうすれば、このような事態には、ならなかったはずですからね~。

2006/07/13 22:36  | URL | silver #aF03qbSI[ 編集/削除]

どんな事情にしろ、弁解はすべきではないと思います。
よく事件や犯罪を犯す人が勉強もできてまじめでってことがありますよね。
スポーツ選手も同じで、一流になればなるほどスポーツ以外のことは何も知らなかったりして、一般の同世代の人より人間的に未熟だったりします。
このことで、自分の精神の未熟さを考えて心身ともに一流になって欲しいと思いました。
2006/07/13 22:21  | URL | 親メロ #-[ 編集/削除]

>こわらさん。

ジダン選手も、マテラッツィ 選手も、自分擁護の発言をしていますけど。。。汗

FIFAは、「真実」を、しっかり、調査して、イタリアと、フランス両国に、「遺恨」の残らないように、「公平」に、対応してほしいものです。
もうすぐ、「イタリアVSフランス」の試合あるし。。。サポーターの動きが心配なような。。。汗

「人種差別」の問題は、本当に、根深いですね。「歴史」を、紐解くと、「植民地政策」の時代にまで、さかのぼるし・・・。
なかなか、難しい問題ですね~。
2006/07/13 21:52  | URL | silver #aF03qbSI[ 編集/削除]

>JJさん。

私も、「暴力」は、好きじゃないし、あのような場面では、どんなことがあっても、「暴力」に、及んでは、ならないと思います。
ただ、「言葉の暴力」も、謹んでもらいたいと思います。
子供たちのヒーローとして、「節度ある態度」で、試合に臨んでもらいたいものです。
2006/07/13 21:43  | URL | silver #aF03qbSI[ 編集/削除]

とても難しいです。
なんか,聞けば聞くほどジダン選手に同情してしまいますが。。。
マツェラッティ選手の意見もちゃんと聞きたいと思いました。自分擁護の発言じゃなくて真実を。

この’頭突き問題’から人種差別をもう一度考え直すきっかけに繋がっていくといいですよね。
2006/07/13 20:05  | URL | こわら #-[ 編集/削除]

難しい問題です、一言では片付けられない
勿論暴力で反論するのは一番いけない事やけど
フランスとゆう国を、もう一度考えてみないといけませんね
2006/07/13 16:42  | URL | JJ #-[ 編集/削除]

コメント投稿















管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL

| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。