TOPスポンサー広告2月25日お誕生日おめでとう♪

スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPお誕生日おめでとう2月25日お誕生日おめでとう♪

2月25日お誕生日おめでとう♪
カテゴリ:お誕生日おめでとう
2月25日に、生まれたあなた、お誕生日おめでとう♪

bd3.jpg



■2月25日に生まれた有名人は・・・(敬称略で、ごめんなさい)

森田公一(音楽家)
有野晋哉(タレント)
植木等(俳優)
鹿内孝(俳優)
寺脇康文(俳優)
ダイアン・ベイカー(俳優)
ニール・ジョーダン(監督・脚本家)

ジョージ・ハリスン(音楽)

ピエール・A・ルノワール(画家)

ピエール・A・ルノワール

フランスの「印象派」の画家です。

子供のころ、「少女イレーヌ」の絵画を、美術館で、見て、虜になりました・・・。
「あんな綺麗な少女に、どうやったら、なれるのだろう??」
小さな私は、自分の姿が、似てもにつかぬものだということも、忘れて、見とれていました・・・。
少女の内面すら、映し出すような・・・。
そんなルノワールの絵に、感動したのでした・・・。

そんな、ルノワールも、晩年は、視力が落ちて、造形のはっきりしない、「作品」が、多くなったように思えるのですけど・・・。

そのことが、私には、とても、親近感を持たせてくれました・・・。
なぜなら、私は、酷い「近視」でして・・・。
めがねをとって見ると・・・。

まさに、ルノワールの晩年の作品のように。。。
世界は、ぼけた状態でみえるのですけど・・・それは、逆に言うと、「見たいものだけ」が、美しく見える世界でもあるのです。
すべての形が、ぼけるとき、「輪郭線」は、なくなり、「光」と、「色」の世界になります。。。

それは、「形」は、確かに、はっきりしませんが・・・。
醜いものが、なくなる一瞬でもあるのです・・・。

自分の視力が、悪いのは、生活上、確かに、不便なこともありますけど・・・。
思春期のときに、メガネを、とって見た世界が、私は大好きになってしまいました。。。
だって、すべてのものが、光にあふれて、美しいのですから・・・。
スポンサーサイト

Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿















管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL

| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。