TOPスポンサー広告悪夢

スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP怖い話悪夢

悪夢
カテゴリ:怖い話
NEC_0191.jpg


こんな夢を見た・・・。

ある、幼稚園がある。
その「幼稚園」の前に、古びたビルが、建っている。
時々、その幼稚園で、不思議なことが起こる。

ある日、園児の一人が、何気に、「地下」への階段を見つけてしまう・・・。
園児は、好奇心から、地下への階段を、下ってしまった・・・。

次の日から、園児の通っている幼稚園は、大騒ぎになっていた・・・。
園児が、どこを探しても、いないからだ・・・。

この事件から・・・。
この幼稚園は、「封鎖」に追い込まれ・・・。
やがて、時が流れてしまった・・・。

私は、古びたビルの前に新しく建った、ショッピングモールに、来ている。
友人は、「昔、ここの目の前にある、幼稚園で、子供がいなくなったんだよ。」などと、「怖がりな」私を、脅かして喜んでいる。

「その幼稚園にかようものは、二度と戻れなくなるのだった・・・。」などといって、「幼稚園」の前を、車で、通過した・・・。
私は、ふと、道路と、古びたビルを、見て、背筋が凍る・・・。
「どうしたの?」
「うん、なんだか、ここ、気が悪いよ。」と、私は、不可解な「気」を、感じて、ぞっと、している。

やがて、ショッピングモールに、ついて、車を降りると、雨が降り出した・・・。
友人は、駐車場から戻って、ショッピングモールに、入ろうという・・・。

でも、私には、あの「幼稚園」と、あの「古びたビル」と、この、「ショッピングモール」とは、地下で、つながっていると、感じるのだった・・・。

地下へ続く、エスカレーターが、ゆっくりと、動いている・・・。
友人は、笑いながら・・・。
「また、Y子の妄想が始まったのかよ~。」などといって、何気に、手を差し出す・・・。
「はら、おいでよ!」

だが、私は、感じるのだ・・・。
この、エスカレーターに、乗ったら・・・。最後なのだと・・・。
暗い深遠が、口をぽっかりとあけたような・・・。
そんな、エレベーターを、じっと見つめて、たたずむしかない・・・。

そこで、夢は、終わった・・・。

ぐったりと、疲れきった朝の始まりだ・・・。
 
スポンサーサイト

Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿















管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL

| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。