TOP映画館に行こう!

このカテゴリーの記事


スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーポッターと、不死鳥の騎士団
カテゴリ:映画館に行こう!
テーマ:ハリーポッター - ジャンル:映画
今日は、夕方から、旦那さんと、「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」を、見に行ってきた。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
サントラ

WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) 2007-07-18
売り上げランキング : 1173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容は・・・。
例によって、あの、「名前を言ってはいけないあの方」と、「ハリー」の「絆」。。。
「あの方」が、何を、探しているのかが、明らかになっていくのだけど。。。
そのせいで、また、ハリーは、「大切な人」を、失ってしまう。。。

すっきりとしない、終わり方に、また、次回作で、この、モヤモヤを、といてもらわないと、困る!!って、思うんだけど。。。

う~ん。。。いつになったら、「最終回」??って、ついつい、「好奇心」から、観ちゃう、私がいるのだった。。。^^;

それにしても、ハリー、大人っぽくなっちゃったなぁ~。
とか・・・。
自分の年を、思い知らされるのでした。。。

迫力とか、前作のほうが、よかったなぁ~。とか、思いながら。。。帰宅。夜風が、「肌寒かった」。。。


ハリーポッターと不死鳥の騎士団
スポンサーサイト

ナイト・ミュージアム
カテゴリ:映画館に行こう!

久しぶりに、旦那さんと、デートしました。(*^_^*)


といっても、「映画」ですが。。。


二人に、共通の趣味というと、「映画」と、「カラオケ」です。


愛媛にいたときは、仕事が、忙しくっても、土日は、休みだったから、二人で、毎週のように、「映画」か、「カラオケ」に、行っていました。。。


でも、関東にきたら、旦那さんは、仕事が、忙しくなり、土曜日も、仕事に、出かける始末です。。。(T_T)


 正直、田舎に、戻りたいです。。。


お金なんか、食っていけるだけで、十分です。


元気で老後を、「二人で」迎えられるように、仕事なんか、適当に、やっちゃってください。。。


 な~んて、私は、日々、ブツブツと、旦那さんに、言っています。 貧乏には、慣れっこですからぁ~。


お金は、必要最小限で、結構です!!!


ブランドも、セレブも、要りません!!!!!


「健康」で、「ストレス」のない日々を、旦那さんに、送って貰いたいです。 二人で、健康な老後を、過ごせたら、それが、一番の幸せだと思います。


こんな、無欲な私を、みんな「変わってる」っていいますけど。。。鏡を見て、己を知っていますから。。。汗


などと、話が、横道に、それましたけど・・・。


今日、観てきた「映画」は、「家族」で、楽しめる、「愉快な映画」でした。 「ナイト・ミュージアム」です。小説のほうも、出ています。↓結構、読んだ方の評価高いですね。 












小説 ナイト ミュージアム
小説 ナイト ミュージアム L. ゴールドマン ホンヤク社

講談社 2007-02-16
売り上げランキング : 9357

おすすめ平均 star
star面白い!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「映画館」に、久しぶりに、行く機会が、できて。。。


「ハリーポッター」の「前売り券」に、プレミアムなおまけが、つくことや、「シュレック3」にも、前売り券に、「携帯用」の「おまけ」が、つくということを、知りました。


 でも~。何なんでしょうね~。「ロッキー ファイナル」「ダイハード4」「シュレック3」などなど。。。1度当たると、次々と、続編が、できるのって・・・。汗


そりゃ~。「スーパーマン」「スパイダーマン」の類なら、仕方ないけど。。。


「ロッキー」とか。。。 スタローンの体力、大丈夫なのか??


「還暦」越えてのアクションって・・・。 とか、余計な、心配をしてしまった・・・。


 そういえば、シュワちゃんは、再選されたようですが。。。


アクションスターも、どんどん、年を、とっていきますが・・・。


時々、アクションの「キレ」が、若いころのように、ない、俳優さんを、みると。。。 「よる年波には、勝てないなぁ~」って、思うんですよね~。


 アクションではなく、「性格俳優」として、存在感のある俳優さんは、その点、見ていて、「演技」に、感動しますけどね~。


 今回の映画に、懐かしい、俳優さんが、出演されていました。


ミッキー・ルーニーさんです。 小柄ですが、存在感のある脇役として、70年代あたりに、活躍されていたと思うのですが。。。


 っていうか、ミッキー・ルーニーさんを、ご存知の方のほうが、少ないのかもしれませんが。。。


 今は、大御所ともいうべき、エリザベス・テーラーさんが、少女のころ、ミッキー・ルーニーさんと、ダブル・主演で、「緑園の天使」に出演されていました。


 私は、この映画を、幼稚園のころ、NHKの教育TVで、見た覚えがあります。


そのときに、かわいいエリザベス・テーラーさんが、馬に乗って、かけていくシーンを、見て、「馬に乗りたい!!」って思ったものです。


もちろん、「字幕スーパー」の映画でしたから。。。幼稚園の私には、どんなセリフが、交わされているのか、わかりませんでしたけど。。。


お二人の演技で、内容は、理解できていたようです。。。


 だって、数十年たっても、ミッキー・ルーニーさんのこの映画を、見て、感動したことを、忘れられないのですから。。。


 「映画」好きになる、きっかけになった、古い映画・・・。


その中に、出演していらした方に、「ナイト・ミュージアム」で、再び、お目にかかろうとは?? 本当に、懐かしい気持ちで、いっぱいになりました。。。


この記事を、書き終えてから・・・。


 ここ数日、体調が、すぐれませんでした・・・。


しかも、「更新」の仕方が、わからなくって。。。何度も、失敗してしまい。。。(/_;)シクシク


も~。ここ、新しいシステムになってから、本当に、使いにくくって、いやです!!(-"-)


へんてこな、行間、なんとかして~~!!(T_T)これ以上、うまく、UPできません。。。


なので。。。ここで、UPするたびに、「うつ病」になりそう~~orz


などと、鬱屈した、ストレスも、たまってしまいました・・・。


 おかげで、体調が、最悪になり。。。昨日、病院に行って、血液検査してもらいました。。。(T_T)


来週には、結果が、でます。。。ちょっと、怖いなぁ~。

ハマル私・・・困る私。
カテゴリ:映画館に行こう!
最近、DVDは、ほとんどといっていいほど、「韓国映画」ばかり、借りてきている私・・・。

完全に、「ド・ツボ」に、はまってしまっている。。。私。。。

「韓流」に、だけは、はまらないぞ~~!!って、思ってたんだけど・・・。

どうも、「ブラザー・フッド」を、映画館で見て以来、「韓国」映画の「リアル」で、しかも、「直球」っぽい、「製作」作品に、心を、奪われ始めてしまい・・・。

「デュエリスト」で、「時代劇」に、心惹かれ・・・。

「チャングムの誓い」で、「韓国料理」に引かれ・・・。(←毎週1本DVD借りてみてます。。。汗 )

「猟奇的な彼女」とか、「彼女を信じないでください」を、見たら、「韓流コメディ」で、「笑い」の「ツボ」まで、おさえられてしまい・・・。

「イルマーレ」「初恋」「デイジー」「狼の誘惑」「僕の彼女を紹介します」を、見たら・・・。あんなに、嫌いだった、「恋愛もの」まで、見るようになってしまった・・・。汗

でもって・・・。
最近、「冬のソナタ」が、東京地方で、9時30分から、再放送に、なっているんだけど・・・。
はやってたころは、まったく、興味なくって、見なかった私・・・。
壁]_ ̄i)チラッとだけ、覗き見。。。

ヨンさまには、どうも、興味わきませんけど・・・。
でも、「ストーリー」の「展開」が、「君の名は・・・」っぽくて、「古典的」・・・。「コテン」パンに、ノックアウトかも・・・。

ってわけで。。。
なんで、この時期、「冬ソナ」??が、「再放送」かというと、どうも、ヨンさま主演のドラマ↓↓クリック
太王四神記

これを、見てもらうための、「前哨戦」のようですね~。汗

でもって、この、ドラマの「舞台」も、「観光ルート」に、入るようだし・・・。
またまた、ヨンさまブーム再加熱??
でもって、おばちゃんを、「韓国ツアー」に、よびこも~~って、感じですかぁ~??(-_-;)

水曜日の映画
カテゴリ:映画館に行こう!
テーマ:武士の一分 - ジャンル:映画
「武士の一分」を、水曜日は、観にいった・・・。

キムタクが、見たかったわけではなく。。。
「山田洋二監督」の作品だから、見たかった。。。

「寅さん」を、ご存知でない世代も、もう、多いのかもしれないけど。。。

昭和の人の温もりのある作品を、撮らせたら、この監督さんは、ピカいちかも??

なので、「老骨に鞭打って・・・」「満員電車」とやらに乗り込んで、見てきました・・・。

今週は、水曜日に、教室が、ないから。。。
「映画館」まで、行きました。。。

すっかり、都会は、「クリスマ気分」ってか。。。すでに、「お正月」のお飾りが、並んでいるお店もあって。。。
「ウインドウ・ショッピング」とか、柄にもなく、見とれてました。。。

映画館では、「ソフトクリーム」を、平らげて。。。
映画鑑賞。。。

映画の画像の撮り方が、いいよね。。。
なんとなく、「レトロ」な。。。昔の「太秦映画」っぽくって。。。
「東映時代劇映画」を、思い出すような。。。

人情とか、思いやりとか、そういうのを、感じて・・・。

やっぱり、原作が、「藤沢周平」だからかな~。
日本人の人情の機微みたいなのを、あらわしていていいよね。

夫婦愛も、主従の思いやりも。。。
主君の判断も・・・。
そして、「武士の一分」で、負けたほうも、潔く、最期を遂げてしまう。。。
そんな「世界」が、昔は、「日本」に、あったんだよね。。。

でも、多分、現代では、こういうのって、失われてしまって、「骨董品」なんだろうなぁ~。

帰りの電車で、若い子が、「シルバーシート」に、ど~~んと、長い足を広げて座ってる現代ではね。。。
お年寄りが、必死に、倒れそうになりながら、つり革にしがみついているのにね。。。

続きを読む▼

カジノ・ロワイヤル
カテゴリ:映画館に行こう!
カジノ・ロワイヤル

ジュエームス・ボンドが、007になるまでの物語・・・。

最初の任務は、自分の愛を、殺すこと・・・。

今までのボンドとは違った、若々しいアクション&クールなボンドだった。。。

あの女性に対して、マメなプレイボーイっぽいボンドではなく、かなりクールな感じ・・・。

映画の撮り方も、今までのテイストとは違って、男っぽい??ボンド。。。

いつも、最初のオープニングに、女性たちが、乱舞したオープニングとは違って、いかにも、アクションぽい??

でも、結構、こっちのほうが、私は好きかも??

そして、今までのボンド役と大きく違うのは・・・。「金髪ボンド」だってこと。。。

う~ん。「青っぽい」ボンドが、お好みなかたは、この映画、好きかも知れないけど・・・。

昔の「大人の」ボンドが、いいってかたには、物足りないかもしれない・・・。

2時間半の上映時間なので、「トイレ」には、必ずいっておいたほうがいいかも。。。汗

公式サイトは、カジノ・ロワイヤル

デスノート2(完全ネタバレ版)
カテゴリ:映画館に行こう!
テーマ:DEATH NOTE the Last name - ジャンル:映画
行ってきました・・・。映画館♪
勿論、「デスノート2」

え~っと。完璧にネタバレ!!

は、死にます!( ̄^ ̄)b\(_ _*)オイオイ。。。いきなりネタバレしすぎだろ~~!!(-"-)

って、ことで、すっきりしたかな??

もう、映画館、いかなくっても、最後わかったし。。。


でもって・・・。
そこで、いきなり、問題です!( ̄_ ̄)ノ

(問題1)生き残ったのは、誰でしょう??

1・キラ
2・第二のキラ
3・第三のキラ

(問題2)レムの声を、担当した俳優さんはだれ??


(問題3)デスノートを、最後に書いてから何日書かなかったら死ぬのかな??


(問題4)デスノートを、書いたものは、最期は、どこに行く??

1・地獄
2・天国
3・その他(←具体的に漢字1文字で・・・)

答えが知りたい方だけ、映画館へGO!( ̄^ ̄)b\(_ _*)オイオイ・・・結局、そういう、オチなんだぁ~~。

◆公式サイト◆「デス・ノート

◆ジャンプ公式サイト◆「デス・ノート

続きを読む▼

メトロに乗って。。。
カテゴリ:映画館に行こう!
11月1日は、紫式部が、「源氏物語」を、書き始めた日

日本の文学史上、最大の傑作だと、私は、思っている。
内容は、光源氏の恋愛事件ばかりが、取り上げられてしまうことが多いけど、・・・その愛欲の裏にある彼の心の苦悩と、人生の無常観が、原文を読むと、伝わってくる。。。
そして、この物語の構成のすばらしさには、読んでいて、舌を巻いた記憶がある。
文と文との対応が、緻密すぎるくらいに、緻密なのだ。
文学研究者たちが、この作品を、放っておけないはずだと、思った。
口に出して、この原文を読むと、リズムが、あって、心地よい。。。
いい文章は、どこをどうしても、いいものだと思う。

時々、ふと、時間を経て、手にとりたくなる本は、「源氏物語」と、「蜻蛉日記」・・・。
子供のころに、読んだときと、大人になって読んだときとでは、違う重みを持っている。

そして、今になると・・・。
もっと、違う、言葉になって、本の中から、語りかけてくる。。。

あれから、1000年たったのね・・・。
紫式部の「源氏物語」出筆。。。1000年目が、この11月1日だったそうだ。。。

そして、それは、映画の日。。。
昨日は、「ブラック・ダリア」と、「ワールド・トレードセンター」と、どっちにしようか、迷って・・・。

結局・・・。
「地下鉄(メトロ)に乗って」を、観てしまった。。。

あなたは、最愛の人と、引き換えに、過去に、旅立てますか??

悲しくて、切ない気分の残る大人のファンタジーでした。。。

なんだかね。
とっても、やさしい気分に、なるんだけど。。。

多分、大人にしかわからないファンタジーだよね。。。
切なすぎるもの・・・。

幼いころ、初めて、「人魚姫」を、読んだときみたいな。。。そんな・・・。

自分は、泡のように、消えてしまっても、
王子様の幸せを願ってしまう・・・。
人魚姫のせつなさに似ている・・・。

悲しいね~。
相手には、忘れられてしまうのに・・・。
それでも、そうするしかないんだよね・・・。
きっと。。。

◆質問◆

もしも、地下鉄に乗って、過去にいけるとしたら・・・。
あなたは、誰に会いに行きたいですか??



◆詳しい感想は・・・ネタバレいっぱいの本館・・・↓

シルバーの映画日記

◆もっと、知りたい方は・・・↓
地下鉄(メトロ)に乗って」公式ホームページ

◆原作読んでみたい人は・・・。↓
地下鉄(メトロ)に乗って
地下鉄(メトロ)に乗って浅田 次郎

講談社 1999-12
売り上げランキング : 200

おすすめ平均 star
star浄化
star面白いです!
star人に歴史あり!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆この作品の音楽聞きたい方は↓

プラットホーム
プラットホームSalyu 小林武史

トイズファクトリー 2006-11-01
売り上げランキング : 184

おすすめ平均 star
starさっそく買ったよ!
star映画にぴったり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


というわけで、今朝は、ちょっと、しっとりとした気分です。
秋は、やっぱり、映画&読書だわ~♪

映画館に行こう♪
カテゴリ:映画館に行こう!
久しぶりに「映画館」に行った♪

ハル・ベリーのストームが、大活躍?!(-_-;)
監督が、変わると、主人公の性格まで、全然、違っちゃうのね~。

いくつか、「疑問の残る」内容でした・・・。

詳しくは、「映画ブログ」のほうに、書きました。。。

それよりも・・・。
このブログでは、ブログ・パーツを、いろいろ、集めているので、こんなものを、貼り付けてみました♪

重くなるといけないから・・・。
サイドバーには、貼りません。



最近、「映画」でも、「アニメ」でも、「企業」でも、「ブログ・パーツ」が、増えましたね~。

でも、すぐに、なくなっちゃう、ブログ・パーツもあるので・・・。
ある日、突然、消えてたりして、びっくりします。

映画「UDON」
カテゴリ:映画館に行こう!
だ~~いすきな、ユースケちゃんが、主役だというので、大雨の中、映画館にいってきました。

handbill2_f.jpg


公式サイト・・・「UDON

この映画は、シネコンで、みるより、さびれた裏町の映画館がいい?!
な~~んて。。。かってに、思い込んで、わざわざ人気の少ない映画館で見てきました。。。

またまた、ココって。。。いつつぶれてもおかしくない??

金曜日の昼間なので。。。12人しか、お客さんが、いないよ。。。(-_-;)

でも、ゆっくり、ゆったり、映画を楽しみました♪

お話は、人情味があって、ほっと、癒される内容です。。。

映画の中で、子供のころの落書きを、主人公が、パタパタ漫画で、動かすシーンが、あるんだけど・・・。

このコンテって・・・「うどん」の映画に、必要なの??って、疑問を抱いていたら・・・。
これが、中盤と、後半を繋ぐ、キーポイントだったみたい。。。
最後がね・・・。
このコンテのおかげで、「お~!納得」って、頷いてしまった。。。

映画って、不思議です。
意味のないフレーズなんて、映画にはないのだね。

とにかく、出演者が、豪華だわ。。。
チョイ役でしか出てこない俳優さんも、一人一人存在感があって・・・。いい味出してる♪
そういう意味では、「有頂天ホテル」と似ている。

とにかく、「うどん」が、いっぱい出てくるので・・・。

自称「うどん」コラムニストの私には、めっちゃ楽しい映画でした。。。
ってか。。。食いてぇ~~!!

「セルフうどん」四国では、普通にあるんだけど・・・。
(四国では・・・ガゾリンのセルフより、ずっと、多い!)

カウンターで、自分の好きなトッピングを、選んで、いろいろ乗せられて楽しいんだよね♪

なかには、「それって、うどんにあうの??」っていう食材もあったりして。。。驚きの食感を、味わったりできる。。。

あ~あ~!四国に帰りたい!!!!!!

転勤、また、四国にならないかなぁ~~。
そんな、哀愁に浸りまくった2時間20分でした。。。

そして。。。
映画館から、外に出たら・・・。
晴れ上がっていました・・・。

心が雨でも・・・。
この映画見たら、「晴れ」になるかもしれない??(*^_^*)

今度は、「スーパーマン」みよ~~っと。。。

 

ゲド戦記で、ドツカレタ??
カテゴリ:映画館に行こう!
テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画
DSCF0411.jpg


夏休みの映画館には、行くものではない!!(-"-)

ゆっくり、映画を楽しむなら・・・。
お子様のいない時期に、行くほうがいい!!

「ゲド戦記」は、宮崎映画にしては、「言葉」が、難しい。
だから、幼いお子様には、「退屈」なのだと思う。。。

お母様方が、見たいからといって、幼いお子様を、映画館に、連れて行くのは、いかがなものか・・・。
DVDを、借りて、お子様に、お話を聞かせるように、ゆっくり、見たほうがいい映画だと思う。

この物語じたい、かなり長い物語を、2時間に凝縮させているから・・・。かなり、「あらすじ」だけになっている。
「物語」の肉付けが、足りないようだ。。。
しかも、「セリフ」が、幼い子供が、見るには、「かたい!」

私でも、「どうして??」って、質問をしたくなる場面が、いくつかある。。。

お子様なら、テルーは、「なぜ竜だったの??」とか、「竜なのに、なんで、人間の世界にいるの??」って、きっと、聞きたくなるだろう。。。

隣に、親子連れが、来たのだけど・・・。
マナー違反も、はなはだしかった。。。
幼いほうの子供を、母親側ではなく、私の隣に座らせた事態どう考えても、「マナー違反」だと思ったのだが。。。
やっぱり、非常識な人は、お子さまのしつけも、酷すぎる!!(-"-)

のっけから、パクパク食べはじめて、歌を歌いだし・・・。
おまけに、お子様は、「踊り」始めた・・・。
でも、母親は、知らんぷり!!(-"-)

まるで、自分の子供ではなく、私の??って、思わせたいようだ!!(-"-)

おまけに、お子様は、勢い余って、私の頭を、ボコボコと、3回も、殴ってくる。。。

それでも、知らんぷりの母親!!(-"-)

いったい、「映画館」を、何だと思ってるの??

「映画」を、黙って静かに楽しめる「年頃」になって初めて、「映画館デビュー」させてほしいものだ。

それが、できないのなら、「映画」の内容を、「お子様」に、合わせて選んでほしい!!

「ポケモン」あたりを、見せてあげたほうが、お子様も、楽しかったに違いない。

結局、踊りつかれたのか??
映画の内容が、チンプンカンプンだったらしく・・・。
お子様は、映画館を「逃走」してしまったが。。。
母親は、追いかけもせず・・・。(-_-;)
自分だけ、映画をご覧になっていたようだ・・・。

映画が終わるまで、お子様は、映画館中、「探検」してきたのか??
映画が終わるころ、戻ってきていたが・・・。

「満員御礼」でなかったら・・・。
席をかわりたかった!!!!!(-"-)

「ゲド戦記」見るのに、こんなに、疲れるとは・・・。(-_-;)

夏休みは、もう、映画館に行くのをやめよう!!


| Top Page | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。